ジュラシックパーク テレビ放映!詳細はこちら

 

映画の歴史を変える作品となったといっても過言ではにジュラシックパークが金曜ロードショーで帰ってきます。

驚くことに、2週連続ジュライシック祭りとなっています!

2017年7月28日はジュラシックパーク
2017年8月4日はジュラシックワールド

それぞれテレビ放映が決定しています。

今回は2作品のキャストや吹き替え声優などの情報を記載していきますね!!

→ジュラシックパークの動画を無料でみる方法

スポンサーリンク

ジュラシックパークについて

恐竜をテーマとした映画でジュラシックパークの原点でもある初代の作品です。

1993年の作品ですが、到底考えることが出来ないほどの、映像美。

ジュラシックパークシリーズの特徴でもある映像美はまさに圧巻となっています。

映画の公開と同時に大人気となって、社会現象にまでなった今作品。

20年以上たった今でも色褪せることなく、純粋に楽しむことができる素晴らしい作品となっています。

ジュラシックパークのあらすじ

コスタリカの西方に浮かぶヌブラル島。

その島には最新のクローン技術によって恐竜が現代に蘇っていたのです。

クローン技術を使ったのはインジェン社・社長のハモンド(リチャード・アッテンボロー)。

彼は生きた恐竜が闊歩するテーマパーク“ジュラシック・パーク”を建てることにしたのです。

当然、安全面を確認しないことには一般公開が出来ないので、安全性を調査検証するため、島へとさまざまな分野の専門家を島に招きます。

島へ招かれたのは

古生物学者のアラン(サム・ニール)
古代植物学者のエリー(ローラ・ダーン)
数学者イアン(ジェフ・ゴールドブラム)

この3人にハモンドの孫たちが招かれました。

一同はパーク内を見学するために自動運転の車に乗ってツアーに向かいました。

高電圧流の柵に囲まれたパークは、コンピューターによる制御で安全のように見えた一同。

突然、天気が悪くなったので、拠点へ戻ろうとしたところ、何者かの手によって島の電源が落とされてしまいます。

恐竜達の柵は電気で管理をしていたということは・・・。

この予期せぬトラブルに一同はパニックに。肉食竜もいることが頭をよぎった一同は急いで戻ろうとするが・・・。

今では、コンピューターによる完全制御が必ずしも安全ではないことは分かりますし、予備電源くらい用意しておけよと突っ込みたくなりますが、当時の時代を考えると仕方がありませんよね^^;

とはいえ、よくこれだけの壮大なアイデアが思いつきますよね。

もう楽しみで心臓がバクバク高鳴っています!

ジュラシックパークの吹き替え声優について

金曜ロードショーは原語ではなく日本語吹き替えとなっていますので、役と吹き替え声優をいかにまとめておきますね!

<グラント> サム・ニール(富山 敬)

<サトラー> ローラ・ダーン(弥永和子)

<マルコム> ジェフ・ゴールドブラム(大塚芳忠)

<ハモンド> リチャード・アッテンボロー(永井一郎)

<マルドゥーン> ボブ・ペック(田中信夫)

<ジェナーロ> マーティン・フェレロ(納谷六朗)

<ウー> B・D・ウォン(中村大樹)

<ティム> ジョゼフ・マゼロ(大島一貴)

<レックス> アリアナ・リチャーズ(坂本真綾)

<アーノルド> サミュエル・L・ジャクソン(梁田清之)

<ネドリー> ウェイン・ナイト(桜井敏治)

ジュラシックパークの映画監督は超有名なスティーヴン・スピルバーグ監督です

ジュラシックワールドについて

ジュラシックパークシリーズ第4作品目となるジュラシックワールド。

ジュラシックパークシリーズは映像美がすごかったですが、ジュラシックワールドは更に進化していたことに驚きでした。

ジュラシックワールドの予告トレイラーです。

とんでもない迫力ですよね。恐竜の餌がサメってとんでもないですよね(笑)

ジュラシックワールドのあらすじ

「ジュラシック・パーク」の「事件」から22年後の世界を描いた作品となっています。

今作品はジュラシックパーク(テーマパークとして)成功をしていたのですが、集客が悪くなってきたので、新しい目玉のために、遺伝子操作で新種の巨大恐竜が登場します!

両親の都合で叔母のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が勤める「ジュラシック・ワールド」で過ごすことになった16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)。

世界中から家族連れが集まるほど人気のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」で、大好きな恐竜たちと触れ合えることにグレイは大喜びでした。

せっかくジュラシックワールドに生きますが、叔母のクレアは出資者やパークを所有する野心家のオーナー・マスラニ(イルファン・カーン)の対応に追われていました。

クビがまわらないほど忙しいクレアは兄弟を相手にすることが出来ず放置してしまいます。

2人は大人たちの目を盗んで、勝手にパーク内を探検することに・・・。

 

ちなみに、ジュラシックパークシリーズは新作が2018年に公開が予定されています。

ジュラシックワールドの吹き替え声優について

劇場版の声優と金曜ロードショーでの吹替版の声優は異なっています。

劇場公開版 日本テレビ版]
オーウェン クリス・プラット 玉木宏[9] 山本耕史
クレア ブライス・ダラス・ハワード 木村佳乃 仲間由紀恵
グレイ タイ・シンプキンス 松岡茉優[ 村瀬歩
ザック ニック・ロビンソン 内山昂輝 上村祐翔
マスラニ イルファン・カーン 大塚芳忠 江原正士
ホスキンス ヴィンセント・ドノフリオ 石塚運昇 玄田哲章
ヘンリー・ウー B・D・ウォン 近藤浩徳 堀内賢雄
バリー オマール・シー 安元洋貴 星野貴紀

まとめ

今回はジュラシックパークのテレビ放映についてお伝えしました。

2週連続のジュラシック祭りをぜひ楽しんでくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です