横浜マラソンが中止!返金方法は何?

日本列島にせっきんしている台風22号。

沖縄方面では飛行機が欠航するなど、様々な悪影響を与えており、沖縄で開催予定だったイベントも中止になっています。

 

しかし、被害は沖縄方面だけでは済まなかったのです。

10月29日開催予定の横浜マラソンも中止が決まってしまいました。

 

とても残念ですよね。

そこで、気になるのが、返金方法についてだと思います。

 

そもそも、返金はされるのでしょうか?

スポンサーリンク

横浜マラソンが中止!

多くの人がこの日のために毎日練習を積み重ねてきたことでしょう。

10月29日に開催が予定されていた横浜マラソンの中止が正式に発表されました。

 

原因はやはり、台風22号とのこと。

大会開催時には、強風圏に入ることが確実な状況になったために、ランナーやボランティアの安全確保を最優先に考え、今年の大会は中止されることになりました。

 

楽しみにしていた人が多いと思うのでとても残念なことではありますが、いちばん大切なのは体もとより、命ですよね。

命さえアレば、再び練習を積んで大会に出場することが出来ますから。

 

横浜マラソン返金について!

横浜マラソン中止…

雨天決行より
良かったような…
悪かったような。

参加費は消えた…

 

横浜マラソンは中止か。運が悪かったとしか言えないよなこれ。つか、悪天候を理由にした中止は参加費が一切戻ってこないってのはやはりやるせないよな

 

横浜マラソン中止ってマジか。
当然、参加費は戻ってこないんだろうな。

 

横浜マラソン中止になったけど、台風シーズン中の開催なんでエントリーした時から覚悟はしていたからか、それとも数ヶ月前の支払いなのか、参加費返せといった気が起きない。直前支払いだと怒り新党だったかも?

 

横浜マラソン、二度と申し込む事はないでしょう。

ただでさえ参加費高いのに中止…。自然には勝てませんし、安全考えたら賢明な判断だけどさ…。

 

このような声が挙がっています。

返金はされない?

現段階では何も発表がないため正確なことは分かりません。

ですが、大会間近での中止ということもあり、ここまでの準備費用などを考えると返金はされないと考えておいたほうが良いでしょう。

 

それに、参加人数もかずおおくいるため、一人ひとりに返金するのも大変でしょうし。

スポンサーリンク

規約を確認

横浜マラソンの規約には以下のような物があります。

13.主催者の責によらない事由(地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等)で大会が開催縮小・中止となった場合、参加料・手数料の返金は一切行いません。

 

このことからも返金はされないと言うことでしょう。

→台風コロッケの由来とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です