台風22号の沖縄や飛行機への影響は?

台風22号が接近しており、沖縄をはじめ、多数の地域で飛行機の欠航が相次いでいます。

10月28日現在、沖縄地方は暴風域に入っています。

 

沖縄では強風になっており、気象庁では警戒をするよう呼びかけています。

 

台風22号の影響によって、土日に沖縄へ旅行へ行かれるかた、沖縄から旅行に行く方もいることでしょう。

そんな時に、飛行機はどうなっているのか気になるとも思います。

スポンサーリンク

 

沖縄のイベントが中止!

、2017年10月28日に大川敵討」国立競技場でイベントが行われる予定でしたが、やむなくk中止となりました。

 

その他にも中止になったものが有ります。

  • 那覇市歴史博物館で開催される予定だった「カラーで見る1957年の沖縄」
  • 県立芸大の「第28回洋楽定期公演」
  • 29日ですが、国際通り「空手の日記念演武祭」
  • 県営平和祈念公園での「重陽節句国際平和の凧上げフェスタ2017」

こういったイベントが中止になってしまいました。

 

飛行機の影響は?

台風22号の影響により26日は沖縄本島と周辺離島を結ぶ計45便が欠航。

 

ANAが発表した飛行機の欠航便です。

沖縄
・石垣空港 10月28日    始発便から最終便までのすべての発着便
・宮古空港 10月28日    始発便から最終便までのすべての発着便
・沖縄(那覇)空港 10月28日    始発便から最終便までのすべての発着便

 

28日の飛行機はすべて欠航になっています。

29日の分に関してはまだわかっておりません。

 

今後の台風の動き方次第ということでしょう。

 

九州
・鹿児島空港 10月28日    12:00から    10月29日   最終便までのすべての発着便
・宮崎空港 10月28日    12:00から    10月29日   最終便までのすべての発着便
・五島福江空港 10月29日    始発便から最終便までのすべての発着便
・対馬空港 10月29日    始発便から最終便までのすべての発着便

代わりに、29日は九州地方での飛行機が欠航になっています。

新幹線は問題なし!

28日現在、新幹線への影響は報告されていません。

ですが、油断は出来ないので、今後の情報に目を光らせておくのが良いでしょう。

 

交通機関にも影響が出始めていて、沖縄本島と周辺離島を結ぶ船便は、27日、全便が欠航しています。市街地では暴風に備えて花壇を柵で囲ったり、店先の置物をロープで固定したりする様子が見られました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です