北の国からのキャストの役名について!

ドラマ北の国からはとても心に響くものがあった作品でした。

良い意味で80年代のドラマと言う感じがすごかったですよね。

 

そんな北の国からをまだ見たことがない人も多いと思います。

まずは、北の国からに出 しているキャストは誰がいるのか。

 

そしてキャストの役名についてもお伝えしていきますね!

 

北の国からについて!

まずは、『北の国から』をついて簡単にですがご紹介していきます。

 

北の国からが放送されたのは1981年10月9日から1982年3月26日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、「金曜劇場」となっています。

当初は連続ドラマとなっていましたが、その後1983年からは2002年まではドラマスペシャルが放送されました。

 

つまり、20年もの間親しまれ続けている作品ということです。

 

コレって物凄いことですよね。

今は20年も続いているような作品ってありませんからね。

 

もちろん、時代が違うと言ってしまえばそれまでですが・・・。

 

『北の国から』がいかに愛されているのかが分かりますよね。

 

舞台はどこ?

北の国からの舞台となっているのは、北海道富良野市となっています。

富良野市と言えば、ラベンダー畑が有名ですよね。

 

毎年、数多くの観光客が訪れる観光名所となっています。

 

キャストの役名は?

では、早速本題のキャストと役名をご紹介していきますね!

キャストの人物背景を詳しくお伝えしたいのですが、この作品には数多くの人物が登場していて、もの凄く長くなってしまいますので、簡単な紹介にとどめておきますね。

 

黒板家と叔母のキャスト

黒板 五郎(くろいた ごろう)  – 田中邦衛

主人公の黒板五郎を じるのは田中邦衛さんです。

東京のガソリンスタンドで働きながら一家4人でくらしていたところ、妻が不倫をしたために純と蛍を連れて故郷の富良野へ帰る。

 

発想力と行動力があるので、それを活かして、風力発電を作ったり、井戸を掘り当てるなどします。

頑固なため、自分の信念を曲げないという意志の強さもある父親となっています。

 

 

黒板 純(くろいた じゅん)  – 吉岡秀隆

五郎の長男で母親っ子。

最初は東京へ帰りたがっていましたが、富良野の生活に少しずつ馴染むと富良野の魅力に気がつく。

 

黒板(笠松) 蛍(くろいた(かさまつ) ほたる)  – 中嶋朋子

五郎の長女で、純の妹。

純とは違い、保育園に通っていた。

 

純とは違うのは性格面でいうと、純に反して蛍は父親っ子です。

 

 

黒板 令子(くろいた れいこ)  – いしだあゆみ

五郎の妻で、純と蛍の母。

病気にかかっていたのですが、適切な治療を受けることが出来ずにこの世去ってしまう。

 

最後の最後まで死因は分からずじまい。

 

宮前(井関)雪子  – 竹下景子

純と蛍の母方の叔母で令子とは腹違いの妹。

 

純と蛍に関係する人たち

木谷(水谷)凉子  – 原田美枝子

純と蛍が通う、中の沢分校の教師

東京で教師をやっていたが、児童にある問題を起こされたことがきっかけで富良野へ赴任する。

 

富良野でもその問題が浮上する・・・。

 

山本 恵子  – 永浜三千子

純の東京時代の同級生で純のナレーションでも名前が度々登場する。

 

北村家

北村 草太   – 岩城滉一

北村清吉の四男で純や蛍からは実の兄のように慕われている。

趣味はボクシングとバイクで女グセが悪いという特徴がある。

 

北村 正子  – 今井和子

草太の母。

五郎が帰省し、丸太小屋に住むことに否定的だった。

 

 

北村 清吉  – 大滝秀治

五郎の父方の伯母の子で、五郎の従兄。

牧場の経営が悩みのタネ。

 

中畑家

中畑 和夫  – 地井武男

五郎の同級生で幼馴染み。純と蛍からは「中畑のおじさん」と慕われています。

明るくお調子者で面倒見が良い反面、口が軽いせいで舌禍を起こしてしまうことも。

 

中畑 みずえ  – 清水まゆみ

和夫の妻。純と蛍からは「中畑のおばさん』と呼ばれている。

料理はうまくて、しつけには厳しい性格をしている。

 

中畑(清水) すみえ  – 塩月徳子

中畑家の一人娘で、純たちとは同級生。

 

吉本家

吉本 つらら  – 熊谷美由紀(現・松田美由紀)

草太の恋人だったが、あることがきっかけでショックを受け、家出をする。

 

吉本 友子  – 今野照子

辰巳の妻。

 

吉本 辰巳  – 塔崎健二

つららの兄。

 

笠松家

笠松 正吉  – 中澤佳仁

純の同級生で、無二の親友。

成人後は寡黙かつ真面目で誠実な青年に成長。

 

笠松 杵次  – 大友柳太朗

正吉の祖父。

よく嘘を吐いていることから近所からは「へなまずるい」と後ろ指を指されることに。

 

笠松 みどり  – 林美智子

五郎の幼馴染みで正吉の母。水商売で生計を立てている。

 

その他の人物

松下 豪介  – 南雲佑介

中川  – 尾上和

向田 順子  ‐ 高橋のぞみ

本田 好子  – 宮本信子

井関 利彦  – 村井国夫

川島 竹次  – 小松政夫

刑事  – 蟹江敬三

吉野 信次  – 伊丹十三

ミヤコ  ‐ 藤田淑子

巡査  ‐ 斎藤晴彦

立石  ‐ 矢田稔

向田  ‐ 石井愃一

向田  ‐ 岡本麗

こごみ  – 児島美ゆき

ママ  ‐ 羽鳥靖子

成田 新吉  – ガッツ石松

前田  – 梅野泰靖

弘子  ‐ 上月左知子

小山  – 小野武彦

警察官  – 平田満

小川  ‐ 大林隆介

 

とりあえず、連続ドラマに出 しているキャストと役名をごしょうかいしました。

もの凄く多いですよね。

 

それほどまでに、内容が濃いということでもあります!

スポンサーリンク

まとめ

今回は北の国からのキャストと役名に着いてお伝えしました。

キャラの背景をすべて書いてしまうと、ネタバレにもなってしまうので、省略しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です