北の国からのキャストのつらら!その後はどうなった?

北の国からのキャストにはつららがいます。

つららはとあることがきっかけで心に傷を負ってしまい、家でをすることになりました。

 

そんなつららのその後が気になっている人も多いのではないでしょうか?

一体つららはその後どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

つららについて

まずはつららがどういった人物なのかを確認しておきましょう。

 

つららの本名は吉本 つらら。

 

演じているのは、熊谷美由紀さんです。

現在は松田美由紀さんという方です。

 

つららは、吉本家の長女してで、辰巳という兄がいます。

 

熊谷美由紀(松田美由紀)について

つららを演じるの美由紀さんについて、簡単にご紹介致します。

 

日本の女優としての顔を持ちながら、写真家としての顔を持っています。

旦那さんは有名な松田優作さんです。

 

10代からモデルとして活動しており、1979年『金田一耕助の冒険』で映画デビューをした経歴を持っています。

 

つららには一体何が起きた?

つららは草太と付き合っていましたが、草太が雪子と出会ってことがきっかけで浮気をされてしまう。

そして、草太はつららに冷たくし、ないがしろにされてしまう。

 

それきっかけとなり、家出をすることに。

家出をした後は札幌にいき、風俗嬢になってしまうのです。

 

草太について

北村 草太を演じているのは 岩城滉一さんです。

趣味はボクシングとバイクというイケイケな性格をしています。

 

一番問題なのが女クセの悪さ。

つららと交際しているにも関わらず、雪子に恋心を抱いてしまい、アタックをする。

 

しかし、その甲斐虚しく雪子と恋におちることはありませんでした。

最初は頼れる兄貴という感じだったのですが、少しずつ人生が壊れてしまうことに。

 

その原因はやはり浮気でした。

ドラマを見ることで草太がどのような人生を送るのかをチェックすることが出来ますが、自業自得といえる一方である種かわいそうな感じがしています。

 

つららのその後は?

風俗嬢になってしまったつららのその後についてですが、連続ドラマだと、その後はイカダ大会を陰ながら見ていたり、雪子とも札幌で会話もしているシーンもあります。

 

 

ちなみに、アイコによると、北の国から’87では結婚して子供も産むなど幸せに暮らしているとのこと。

つららが結婚した男性はアイコ曰く、神のように良い人とのこと。

 

つまり、つららは幸せになることが出来たということです。

良かったですよね!

スポンサーリンク

まとめ

つららは札幌で風俗嬢になってしまいましたが、その後は神のように良い男性と結婚したことで、幸せに暮らしています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です